• tk69jazz

ボディ


二十四節気の一つ 「処暑」 の頃となりました。 暑さが落ち着く時期という意ですが、 ダブルの台風到来が心配です。 5月に新しいアトリエに転居し、その移動に伴い 一緒に連れてきた 「ボディ (トルソー)」。 洋裁のレッスンは無いのに、なぜ? 内心、邪魔だなーと感じている方もいらっしゃるかも。 このボディは、 フランスへ行くことになるとは 全く思っていなかった頃、 小さな姉妹も少しずつ手が離れてきて、 少し持てるようになった自分の時間に ボディの勉強をしようと思い 購入したものです。 そんな矢先、フランス行きとなり、 その先の暮らしに不安を感じながら、 モードな国だから、もしかしたら ボディの勉強ができる機会がもてるかも? と思い、引っ越しの荷物の中に                入れました。 フランスでの暮らしの中で、ボディを使っての勉強はできないまま、 今のアトリエでの立場と同じで、冬場には私のコートを着せていましたが、 ソルボンヌに通った毎日、 Encadrement(アンカードルモン)のレッスンに 大きな荷物を持って出掛けた日々の暮らしをずっと見守ってくれていました。 そんなお守り的な存在なので、スペースを取りますが、温かく見守ってください。 この暑さの中、私のコートを着せる季節が 待ち遠しいです。

そして、アトリエでは 5月からの3課題に加えて 「アルファベット企画」 がスタート! 26文字に加えて、 フランス語の 「ET」 (英=and))と 「&」 も作って頂けます。 完成した アルファベットをデスクの上や、 インテリアの中でたのしんでみませんか? スタート日に受講頂きました皆様、ありがとうございました。 人気の5月からの課題も受け付けております。 秋からは、「アルファベットの鉛筆立て」に加えて、 フランスの伝統的なキルト「ブティ」 との コラボレッスンなどを予定しています。 おたのしみに! それから、今月29日開催の一日講座(於:名古屋・紙の温度)で 使用のイラスト「Laly 」 は、 苦楽園のモモミュゼットさまでも購入頂けます。 こちらのお店では、フレームとフランス額装仕立てのマットに納めて、 購入頂けますので、すぐにお部屋に飾って頂けます。 フランスの香りをお部屋にいかがでしょうか?


0回の閲覧